塾講師としてのやりがい

資料

いまだに学歴社会と言われている昨今の日本において、学習塾や家庭教師の需要性が下がる気配は一切見えません。特に学習塾においては、全国的に年々需要性が高まっている傾向にあります。それに伴い、塾の先生、つまり「塾講師」のアルバイトの募集数も増えてきています。塾講師として働くには、対象となる年齢に学習内容を指導できる教科を持っているだけでなく、人に何かを教える技術や生徒に信頼される人間性も備えていなければなりません。もちろんそれは一朝一夕で身に付くものでは無く、その人の持っている素質やそれらを会得しようとする努力などが必要となってきます。これらは簡単なことであはありませんが、その分塾講師として得られるものは、他の職種では味わえないほどのものがあります。塾講師のアルバイト募集は求人誌や求人サイトで確認できるので、興味のある人は調べてみると良いでしょう。

塾講師のアルバイトを探すときは、給与面や塾の在籍地を調べるだけでなく、塾のタイプもしっかりチェックしておきましょう。塾と一口に言っても、様々なタイプがあります。生徒1人に塾講師が1人つくマンツーマンタイプや、数十人、もっと多い場合だと100人近い生徒を同時に学習指導する大人数クラスタイプなど、塾によってコンセプトや授業の仕方、体制などが大きく異なります。自分がどのような塾に適しているのかを考え、その上でアルバイトの面接を受けてみるとよいでしょう。生徒や生徒の親に向けた授業体験のように、面接に行く前に塾の授業の様子を見せてもらえることもあるので、一度見てみたいという人はまず電話で聞いてみましょう。